*

幸せとは、所有ではなく楽しむこと

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

 
mess1

オリソン・マーデン編

 ある女性は、腫瘍の摘出手術を受けた日から人生が一変してしまった。それからというもの、何の話をしても必ず手術の話題が持ち出され、家事で何か失敗すると、すべて手術のせいになった。

 幸せとは本来、大きな矛盾に満ちたものだ。幸せはどんな土壌のもとでも育ち、どんな状況に置かれようと生きのびる。幸せは人の内面から生まれるため、環境に左右されることはない。

 幸せとは、何かを手に入れることではなく、あなたがどんな人間であるかということ、所有することではなく楽しむことなのだ。人が何を所有するかは環境によって決まるが、どんな人間かを決めるのはその人自身だ。

 何かを手に入れても、それはものを取得したことにしかならないが、何かをやりとげればその人が成長したことになる。
 


 明るくやさしい性格や、穏やかな目の光、周囲に善意を伝える力を身につけるのは、すべての人の務めだ。

 そうすることで他人の人生を明るくできるだけでなく、あなた自身も、思いやりのある態度の見返りとして、並はずれた人格や、すぐれた品性と精神の安定、穏やかな心といった、何よりすばらしい財産を手に入れられるだろう。

本当の幸せを見つける秘訣 より

 今の人生が嫌だからといって、自分の生命力を委縮させてはなりません。そこに何かの善きものを見出しつつ、自分が望む方向へ着実に歩み続けましょう。

関連記事

no image

幸せを得るコツ!

  オリソン・マーデン編  作家のマーガレット・ストウ夫人は言っている。「実際

記事を読む

no image

知らなかった!

記事を読む

幸せを追いもとめる人々

  オリソン・マーデン編  「ああ、現実という牢獄の中で身もやせ細り、己が支配

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑