*

人生に芽が出る人

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

その人の持っている能力が世に出るには、心の明るさがとても大切

lady

 12. 人生に芽が出る人

 私たちが生きているこの世界は、自然、動物、人間とそれぞれ別々に存在しているように見えますが、大いなる理念の基に共通の法則で生かされていると言われています。

 植物は日の光へ向かって伸びますし、光が無いと芽が出ません。最近では植物の工場栽培も行われていると聞きますが、こうした栽培にも明るさが必要です。つまり芽が出たり、成長するには明るさが不可欠ということですね。

 中には蝙蝠のように月明かりのようなかすかな明かりだけで生きている生き物や植物もいますが、生き生きとして力強いのは太陽の明るさの下で生きているものたちです。



 「類は類を呼ぶ」という法則性から見ますと、この明るさの働きは、物理的なことだけではなく、心理的な働きにもあてはまると言えます。

 この働きから考えますと私たちが人生で芽を出したり、伸びたりするには「明るさ」が必須であることがわかります。

 人生を幸せに生きるという点においては、明るさがとても大切だということはすべての人に理解されていますが、人の能力にも明るさが大きく作用しているということへの理解は少ないように思えます。

 もちろん能力そのものは、その人の性格や心のあり方には関係ないのでしょうが、その持っている能力が世に出る、つまりその人の芽が出るには心の明るさがとても大切だと言えるのではないでしょうか

 「運のいい人、悪い人」と言いますけども、この運を呼ぶのは自分の心の明るさなのでしょう。自分を磨くということは、心を明るくするということでもあるのです。
 

人の美しさはどこからくるのか

migakimokuji


公開日:
最終更新日:2014/04/14

PAGE TOP ↑