*

人の美しさはどこからくるのか

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

自分に現われる美しさ、醜さは、人のどこを見ているかで決まる

lady

 13. 人の美しさはどこからくるのか

 最近気がついたのですが、本当の美しさを感じさせる人は、人の美しい面をより多く見ている人ではなかろうかと思うのです。

 一般的に心の美しい人を美しい雰囲気を持った人だと言います。どんなに容姿が整っていても、どこか冷たい感じがしたり、軽薄な感じの人だったりするとあまりいい印象をもちません。結局その人の持つ雰囲気が好もしいと心の美しい人という印象を持ちます。

 どんな雰囲気の人が好もしい印象を与えるかと言いますと、女性ですとやさしく、温かく、知的で、清らかで、麗しいといったところでしょうか。男性ですとこれに強く、たくましいが加わります。



 いずれにしても人に感じる印象は、容姿よりも心のありかたから来るもので決めています。確かに、意地悪な人や、悪口ばかり言う人は嫌われます。いい印象は持ちません。それはやはりその人の心のありかたが嫌われているということですね。

 私の経験から、自分の家族、特に親、妻(夫)の良い面はほとんど見ないで欠点や、悪い面ばかり見ているときは、ほとんど人の悪い面ばかりが目につきました。ここのところが非常に大切なように思います。

 人のやさしさをよく見ている人が、自分もやさしさを現している人で、ひとの意地悪な面ばかりを見ている人が、自分も意地悪になっているといえるのではないでしょうか。『認めたものが現われる』という心の法則に照らせば、ごく当然のことですね。

 心にしろ、性格にしろ、すべての原点は親にあります。親をどう見ているかが、人をどう見ているかにつながっている気がします。心の習性で、特に自分に深く関わりを持つ人を見るときに、こうした傾向がでてくるんじゃないでしょうか。

 自分に現われる美しさ、醜さは、人のどこを見ているかで決まると言えます。それは親にどう向き合っているかに深く関わってくるのではないかと思います。
 

人前を飾ったりしている人は

migakimokuji


公開日:
最終更新日:2014/04/14

PAGE TOP ↑