*

人前を飾ったりしている人は

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

人間関係では素直にそのままの自分を出す、これが一番です

lady

 13. 人前を飾ったりしている人は

 人はさまざまに自分を表現して生きています。その表現がその人の生き方ですね。自分の表現のしかた、つまり自分の態度で人間関係にいろいろ影響を与えます。

 人に対する自分の態度は、その人の人柄、性格、生き様それら全てが表れ、接する人にさまざまに評価されます。

 ここでは(人前を飾ったりしている人)について分析してみましょう。

 人前を飾るというのは、人を意識して本来の、ありのままの自分を出せないということです。

 ほとんどの人が持っているのが「いい人ね」と思われたい心です。こういう心はある程度必要だと思いますし、また人にはあまり悪い影響はありません。でもこれも度が過ぎますと本人が疲れます。

 いい子ですと親が喜びますから、幼い頃から(いい子でいよう、いい子でいよう)と一生懸命生きてきて、本当の自分を出せないままの人もたくさんいらっしゃいます。疲れます。ありのままの自分が出せないのですから。母親に支配されて育てられた人に多いと聞いています。

 人は醜いところも美しいところもモロモロ持ち合わせていますので、そのままが一番楽なのです



 次に、見栄を張る人。私の人生の失敗の多くはこの見栄から来るものでした。このタイプの人は比較の世界に住んでいます。価値を眼に見えるもの(お金、学歴、地位、名誉など)においている人です。

 価値観を変えない限り、本当の悦びも幸せもありません。人にも不快感を与え、心からの会話やつき合いが苦手になります。

 もう一つのタイプをあげてみます。

 弱い者の前でいばり散らしていたり、気取ったりしている人です。こういう人はコンプレックスの人です。誰でもコンプレックスを持っていますが、特にそれをさとられまいとしてそうした態度をとるのではないでしょうか。

 人にバカにされたくないから偉そうに見せかけるために、人前を飾ったり、いばったりまた見栄を張ったりするのです。

 人間関係では素直にそのままの自分を出す、これが一番です。

 そのままの自分をこだわりもなく表現出来るようになれば、無理のない人間関係が創れます。それにはありのままの自分を語る練習が必要じゃないでしょうか。
 

姿かたちはあなたのショーウィンドー

migakimokuji


公開日:
最終更新日:2014/04/14

  • a
  • sideji

  • sidejiko

  • sideka

  • sideiki

  •   
    PAGE TOP ↑