*

人生の海を漂流している人

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

正しい目標を心に描き、その達成への思いを持ち続けることです

lady

 2. 人生の海を漂流している人

 人は様々な境遇や立場に生まれ、与えられた環境で一生懸命生きています。

 失敗したり成功したり、喜んだり悲しんだりしながらより一層快適な人生を求めています。そうして生きていくそのことが自分を磨いていると言えるのではないでしょうか。

 快適な人生を生きたいために自分の望む自分像を創り出していく。
 自分を磨くということは自分の望む目標、目的が必要だということになります。

 同じように生きていながら、同じように快適な人生を求めていながらその生き様や結果には大きな違いがあります。なぜ人によって大きな違いが出るのか、ここのところが生き方を考える上でとても大切な気がします。

 私の人生を振り返ってみますと自分の望む目標、目的を達成したかというと、残念ながら今のところまだまだです。生活に追われ仕事に追われただただ一生懸命に生きてきただけです。

 時には目標や目的を持ちそれを目指したにしても中途半端でした。こうした失敗のなかで今見えてくるものがあります。何が足りなかったのか。



 それは明確な目標とそれにそそぐ思いです。
 人生で目標を持たずにただただその場その場を生きているのは、舵のない船に乗って流されているようなものじゃないでしょうか。人生の海原を漂流している・・こう表現した人もいます。


 私たちが人生の海原を漂流しないための大切なキーワードがここにあります。正しい目標を心に描き、その達成への思いを持ち続けるということです。

 時には立派な目標を口にする人と出会うことがあります。でもそれが単なる夢ものがたりや妄想であってはダメですよね。

 自分の心の底から望むもの、また心がワクワクするもの・・こうした目標が見つかれば最善ですが、こうした目標はその人にとっての最適な時に与えられるような気もします。

 そうした目標が見つからなくても、自分を磨くための小さな目標や目的を見つけて達成のための努力をする。もちろん失敗も繰り返すでしょう。でもその積み重ねが自分をコントロールする力をつけることになり、いつの日か自分の本当のやるべき目標が見えてくると思います。

 自分を磨くということは自分の内に持っている能力を引き出すことだと思います。今はあるか無いかのような小さな能力でも、目的達成の作業を繰り返していくうちにいつのまにか十分に磨きあげられていくでしょう。

 ただ漠然と生きるのはやめましょう。小さな目標へのチャレンジから始めませんか。
 

自分に任された仕事や用事は

migakimokuji


公開日:
最終更新日:2014/04/13

PAGE TOP ↑