*

コンプレックスこそいい材料

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

逆境やコンプレックスを抱えていてこそ出るクソ力

ganbaru

 8. コンプレックスこそいい材料

 人は皆コンプレックスを持っています。コンプレックスの無い人などいないでしょう。もし居たらそれこそ親しみなどを感じません。

 人はそれぞれ一長一短を持って生まれてきています。算数は好きだけど、英語は苦手だとか、体育は得意だけど、作文は苦手だとかいうぐあいです。

 苦手ぐらいならいいのですが、欠陥と言えるくらいのものを抱えている人もいます。そうした人たちの中には、つらい気持を引きずって落ち込んでいる人もいます。

 でも、「五体不満足」の乙武さんを見てください。あれ以上の欠陥はないでしょう。あの身体で普通の人以上に人の役に立っていらっしゃいます。



GA-B6-06 コンプレックスを気に病むことは止めましょう。すべては自分の心の受け止め方次第だということを知りましょう。

 逆に言えばコンプレックスは自分の人生を好転させるいい材料になります。私の場合もひどいあがり症のつらさを長い間引きずっていたのですが、今はその経験がまがりなりにも人の役に立っています。

 もし私があがり症でなかったら、取り返しのつかない増上慢になっていたろうと思います。あがり症というコンプレックスさまさまです。

 世の中のたくさんの人々がコンプレックスや逆境をバネにして、人生を謳歌しています。
 そこそこに出来る人は出来るが故にそんなに努力をしません。必死な思いも出てきません。ですからそんなには伸びないのです。

伸びる人は一生懸命な人です。逆境やコンプレックスを抱えていてこそ出るクソ力を持っている人です

 いろいろな自己啓発の書などを読みますと、成し遂げるのに最も大切なのは「背水の陣を敷く」ことだと書いてあります。逃げ道を断って、もう後が無いという状況に自分を追い込んだ時、自分に大いなる力が出るそうです。

 恵まれた状況ではたいした力は出ないということです。
 まさにコンプレックスこそ自分を伸ばす材料ですね。
 

『内在の力』を邪魔する心

jikomokuji


公開日:
最終更新日:2014/04/14

PAGE TOP ↑