*

話すことは放すことです

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

明るく積極的な人生を生きるには、表情豊かになることが一番です

agrimodelk

 12. 話すことは放すことです

 人生において憂うつ感をもたらす一つに、自分をうまく表現できない、あるいはうまく伝えられないことからくる疎外感があります。

 人は表現するように生まれてきています。この表現を妨げられると、人は人生につらさやさまざまな問題を起します。

 子供の頃に自由にのびのびと話すことを抑圧されると、吃音になったりしますし、あるいは行為などを抑圧されるとチック症状になったりもします。

 このように人は表現を妨げられると、心にも身体にもさまざまな影響をもたらします。

 表現が少ないと顔の表情が乏しくなり、明るさが不足してきます。これが人生における憂うつ感の元になります。人は明るい人に寄ってきますし、明るさが人生に積極性をもたらします。


 明るく積極的な人生を生きるには、表情豊かになることが一番ですね。 

 そのためには自分を表現することが大切です。機会をみては自分を語るのです。自分を語ることは人間本来の欲求ですから、自分の心が悦びます。

 特に内面の隠された自分の本心を語ることは、大変必要なことです。心が悦びますと、自然に表情も明るくなってきます。

kyouti1 いつも本心をかくし、その場に合わせた言葉を選んで会話をしていますと、やがて自分の本当の心すらわからなくなります。

 こうなりますと一見人とうまくいっているように見えますが、心からの人間関係は生じません。いつも人づき合いに疲れを感じるようになります。人生にに悦びを感じることも滅多にありません。

 傷つくことを恐れず自分の本心を語るのです。そうした会話をしていますと、次第に心の抑圧が放出されます。まさに話すことは放すことなのです
 

人生の極意

人生について目次


公開日:
最終更新日:2014/04/13

PAGE TOP ↑