*

人 生 と 話 し 方 2

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

ありのままの自分を語る、こうした話し方が自分を変え、人生を変えます

agrimodelk

 4. 人 生 と 話 し 方 2

 人生は表現の場ですね。絵を描くのも、ダンスを踊るのも、スポーツに励むのも、仕事に精を出すのも、子育てだって、夫婦関係だって何もかもすべてが自分を表現しているのが人生です。

 ですから自分をどう表現するかが、私たちの人生にとってとても大切なことだということになります。ここでは話し方による自分の表現のしかたについて考えてみようと思います。

 私たちは幼児期には一様に自分を素直に表現します。自分の思いをそのまま表現します。しかし、成長するにつれてさまざまな人間関係、特に父母との関わりによって自分の気持や思いの話し方、表現の仕方がそれぞれ変化していきます。

 素直に自分の気持や考えを話す人、ひねくれた話し方をする人、強情な人、ウソをつく人などさまざまに自分を表現するようになります。そうしたお互いの表現の入り乱れる日常の中で、心やさしく調和に満ちた世界が現われたり、傷つけあう苦しい不調和な世界や、あるいは孤独な世界などを創り出しています。



 今自分の住んでいる世界を変えたかったら、自分の話し方を変える必要があります。例えば自分さえ言いたいことを我慢すれば人づき合いもうまくいくんだからと思っている人もいます。

 こういう人は自分の言いたいことをあまり表現しないという話し方を習慣的に行いますが、その結果あまり人からは嫌われることはありませんが、充足感のある人づき合いはなく、疲れた感じの人生を過ごすことになります。

 反対に自己主張が強くて周りと軋轢を起したり、他の人に負担を強いる人もいます。あるいは見栄とかプライドに心がとらえられてしまっている人の話し方も、知らず知らずに他の人に不快感を与えています。ですから心からの悦びの付き合いを知ることはあまりありません。

 孤独な人は他の人が自分に冷たいのではなく、自分が人を受け入れていないのだという側面を知り、人に優しくしてあげたり、優しい言葉をかけてみる話し方に変えたらどうでしょう。

 私たちが生き生きとした悦びの人生を表現するには、今迄の人生で積み上げてきた中の心の構え、身勝手な思いなど雑多なものを取り除いていくことが必要になってきます。

 そしてありのままの自分を語る、こうした話し方が自分を変え、人生を変えます
 

人生の目的

人生について目次


公開日:
最終更新日:2014/04/13

  • a
  • sideji

  • sidejiko

  • sideka

  • sideiki

  •   
    PAGE TOP ↑