*

人生が変わらないのは

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

欠乏感を豊かな心に変えた人が、人生を大きく変えれる人なのです

santawiz

 11. 人生が変わらないのは

 自分の人生を大きく変えていくのはとても難しいものです。誰でも今の人生よりもっと豊かで快適な人生に変えたいと思っているでしょう。

 でもほとんどの人はそう思うだけで、努力の割りには変わらない人生を続けます。なかには大きく人生を変えた人の話を耳にしますし、確かにそういう人もいますでしょう。

 いままで無名で平凡な家庭の人がスターの座を得て人生が一変した人はかなりいます。でもこうしたケースは自分の目指した目的が時機が来て開花したわけで、自然の流れでもあります。

 ある程度の年齢を経て、人生のパターンが固定化しているのを変える、これが一大事なのです。なぜ変えるのが難しいのでしょうか。



 私もそうだったのですが変えるための作業ポイントが間違っているのです。私たちは豊かになろう、快適な人生をつくろうとして、自分を取り巻く環境や状況へ働きかけて変化を起そうとします。

ume1 成功のためのノウハウやもっといい条件の仕事はないかとか、自分を取り巻く現われを変えようとします。

 人生のいつの日にか挫折をし、あるいは不幸な処遇の日々、社会的に恵まれない立場などを過ごしたりしますと、人生に敗北感を持って生きていくことになります。

 これは自己否定の心です。こうした心には満たされない欠乏感が潜んでいます。この欠乏感を変えない限り人生は大きく変わりません

 人の成功を素直に喜べない心、あるいは人の失敗を喜び願う心、これが自分の心にある人は如実に欠乏感を抱えている人です。この欠乏感を豊かな心に変えた人が、人生を大きく変えれる人なのです。

 変える方法があります。今ある豊かさ、満たされた部分へ焦点を移し、豊かな感謝の心へシフトし、「過去は過ぎ去った」と思いを持ち続けるのです
 

怒りは血に毒素をつくる

心と環境目次


公開日:
最終更新日:2014/04/14

  • a
  • sideji

  • sidejiko

  • sideka

  • sideiki

  •   
    PAGE TOP ↑