*

能力と必要性と人生

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

人には限りない能力が備わっています。それを引出すのは必要性

santawiz

 19. 能力と必要性と人生

 世のお母さん方の多くは、「私はあがり症だ」という思いで、子どもの学校での懇談会や役員決めなどにつらい思いをしていますね。

 男性だって多くの人が会社での会議やスピーチに辛い思いを抱いています。これは人前で話すという自分の能力のなさとかコンプレックスがそうした人生を作り出しています。

 多くの人は今、現に現わしている自分を本当の自分と思っていますが、それは思い込みに過ぎないのです。

 「トイレの神様」で一躍スター歌手となった植村花菜さんもプロの歌手になるまではあがり症だったそうです。国語の時間に本読みが自分の席の列になっただけで心臓がバクバクし緊張の極みであったと彼女自身が述べています。



 彼女を変えたのはプロの歌手になるという必要性でした。初のライブで緊張のあまり音痴になった彼女は、「もう決してあがらない」と決意をし、それ以来ほんとうにあがらなくなったのです。そして去年の紅白で見事に観客を感動させました。

sekiti1 もし彼女が普通の人として生きていたら、結婚をし子どもが出来、学校へ行くようになったとき、懇談会や役員決めなどにつらい思いをする人生だったかも知れません。

 その時、彼女は自分の素晴しい可能性を知らず、「私はあがり症だ」と思い込み続けていたでしょう。

 コンプレックスを抱えた自分、劣っていると思われる自分は、今の現われに過ぎないのです。

 人には限りない能力が備わっています。それを引き出すのは自分に与えられた必要性です。誰でも植村花菜さんのように必要に迫られ、困難から逃げずに人生を真正面から受ければ、能力が花開き、自分を変えていけると思うのです
 

思いと目標

心と環境目次


公開日:
最終更新日:2014/04/14

  • a
  • sideji

  • sidejiko

  • sideka

  • sideiki

  •   
    PAGE TOP ↑