*

怒りは破壊のエネルギー

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Pocket


ol01s

想念はエネルギーです。想念はその思いにしたがって具象化します

santawiz

 7. 怒りは破壊のエネルギー

 私たちの人生になにが悪い結果をもたらすかと言えば、それは【心の法則】を知らないことだと言えます。

 自分の出した言葉や思い行いが、自分の人生に結果として現われるということを知らないから、平気で悪果の種を蒔いているのです。

 もっとも、私なども知っていながら悪しき言葉や想念を使ってもいるのです。それは言葉や想念は習慣性を持ちますから、なかなかいっぺんには改まらないのです。

 でもこの【心の法則】を知っている人と知らない人とでは決定的に違います。悪しき言葉・想念・行いは悪しき結果をもたらすということを、自分の体験から直感的に把握している人は、悪しきと思えることや言葉を少しでも抑えて表現しますから、大きなやけどはしないですみます。

 想念はエネルギーです。想念はその思いにしたがって具象化します。

 想念の中でも強いエネルギーを持つのは感情です。それだけ感情を持った想念は、自分の人生上に確実に姿を現します。


 私の知っているある男性は、仕事上のトラブルからある会社に非常な怒りを持っていました。電話でその会社の担当者に「殺してやるから待ってろ!」と怒鳴っていた位です。それから数ヵ月後、その男性のお姉さんから私に、「弟は高速自動車道の側壁に激突して死にました」と電話があったのです。

 これは怒りの感情のもたらす結果です。殺したいほどの怒りの感情は、人を殺すか自分を殺すかになります。殺さないまでもどちらかを傷つけることになります。その怒りの感情の中身やその人の性格により、直接殺したり、傷つけたりの現われはなくても、相手や自分の心を傷つけたりします。自傷行為なども心の内部に溜めた怒りの具象化ではないでしょうか。

i-tachiaoi 怒りは壊したいという思いを秘めていますから、破壊のエネルギーでもあるわけです。

 いつのまにか自分の思いとは反対に大切な人間関係までも壊します。特に幼い頃からの怒りを心の底に抱えている人は、よくよく気をつけないと幸せからかけ離れた人生をおくることになります。

 悦びの体験や時間を多く持ったり、許しの思いを拡げたりして、怒りの思いを小さくすることが大切です
 

陽気は創造のエネルギー

心と環境目次


公開日:
最終更新日:2014/04/14

PAGE TOP ↑